仕事のスタイルを見極める

医療関連の仕事は実に幅広く存在しています。私が医療に従事している職業を上げるとすれば、単純に医師や看護師ぐらいがすぐに思いつくものです。しかし、実際には病院一つにしてもいろんな資格を持った人が働いています。内科的、外科的な専門病院なら規模が小さくても、リハビリを行うことを専門にしている理学療法士が働いているケースがとても多いです。また、大きな病院になってくると、レントゲン技師さんや検査技師さんなどが働いています。検査技師さんにおいては、勤務する場所は病院だけに限られていません。検査だけを行っている機関でも働くことができます。給与面に関しては病院で勤務するのと大差ないようです。しかし検査機関で働くことのメリットもあるようです。私の勝手な想像ですが、検査技師を目指す人というのは、おそらく黙々と作業することが好きな人なのだと想像します。そうなってくると、人との対応が必要になってくる病院よりも検査機関での勤務の方が向いていると言えます。これが、メリットになるわけです。仕事の時間は、作業に没頭できるというわけです。ただ、仕事の内容というものに変化がなく同じことの繰り返しになってしまう、というデメリットもあるようです。仕事をしていると、年数がたつと、何となく飽きてしまったと感じる人も少なくないのではないかと思います。作業に没頭できるが新しいことへのチャレンジができない、というのは少し辛いかもしれません。『医療系職業ガイド』というサイトに、こちらで挙げた仕事について詳しく書かれています。いずれにせよ、自分がどういったスタイルで仕事をしたいのか、何を優先させるのかを見極める必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です